アルコール 薄毛

アルコールは薄毛を招くのか?

アルコールは薄毛を招くのか、そんな疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。適量なら健康にいいといわれているお酒ではありますが、過度にアルコールを摂取すると薄毛に繋がると指摘されているのです。

 

まず、アルコールが薄毛に繋がる理由としては、糖分が豊富に含まれているという点を挙げることができます。必要以上に糖分を摂ると、血中で脂肪に変化し、過度の皮脂の分泌が行われるようになります。

 

この分泌された皮脂が毛穴に蓄積されて角栓に発展すると、毛穴を塞いでしまうという事態を招き、髪の毛が抜け落ちることに繋がるのです。

 

また、アルコールを摂ると、アセトアルデヒドと呼ばれる体に害のある物質が肝臓で作り出されます。アセトアルデヒドを体に悪影響の及ばない水と炭酸ガスに分解するためには、髪のもとになるシステインがたくさん使われることになります。こうしたことから、髪を生成する材料が失われてしまい、薄毛に繋がることになってしまうというわけです。